BLOG

あきらめる練習

夢を持ちつづけ、自分を好きになるお手伝い
ドリームライフ・コンシェルジュ
「やっしゃん」です。

毎日ブログ39日目です。

今日のお勧めの本は、

あきらめる練習 SB新書
名取芳彦(著)

お寺の和尚さんが書いた本で、

基本は仏教の教えに基づいて書かれています。

こだわりは不安、焦り、怒りの源で、

心の安らぎを得るには、少欲知足(足ることを知る)。

1人で悩んでも解決出来ない課題は、

考え過ぎず、人と比べない。

諦めきれないことを潔くあきらめて、

新たな一歩を踏み出していくための考え方が満載。

 

コロナの影響で、出来ないことが多く、

ストレスが溜まりますが、

今の私に必要なのは諦めること。

無意味な我慢を諦める。

自分ではどうしようもない境遇を諦める。

なくしたものをいつまでも嘆かず、

不足している状態を諦めて足ることを知る。

まさに『少欲知足』は今の私にピッタリです。

 

そして、諦めるは、

なんとなく自暴自棄な言葉に感じられるが、

「諦める」と「明らかにする」は同意語

と書かれていました。

 

すべての物事を上手くやりきることなど出来ない。

完全を目指すことそれ自体は悪いことではないが、

完全でないといけないと考えるのはマイナスのほうが大きい。

あきらめるべきところは諦めて、

しっかりと実を取ることこそが、

うまくいくための秘訣だと思いました。

よかったら、読んでください。

 

最後まで、読んで頂きありがとうございます。

以下は、活動のイメージ図です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Soul Bridge 井上 康




自分と目の前の人を笑顔にしたい!

自動車会社のエンジンの設計の仕事を行っています。

仕事のイベントが重なり、ストレスと自信喪失からこころの病気にかかってしまいました。

私の特徴は、約30年のエンジンの設計開発で培った高い問題解決能力、分析力を持っていること。 心の病気を経験し、心理学を学んだことです。


最近の記事

PAGE TOP