BLOG

認知行動療法を使って、嫉妬と劣等感を克服できました(^^♪

認知行動療法を使って、嫉妬と劣等感を克服できました(^^♪

夢を持ちつづけ、自分を好きになるお手伝い
ドリームライフ・コンシェルジュ
「やっしゃん」です。

認知行動療法のすすめ

毎日ブログ61日目です。

1年間休職し、復職したに時は、

嫉妬と劣等感で、正直、誰とも会いたくない、

話ししたくない気持ちでいっぱいでした。

 

その気持ちを克服するため、私は、昼休みになったら、

認知行動療法の本を読んで、考え方や行動の偏りを

修正する努力をしました。

自信がもてないあなたのための
8つの認知行動療法レッスン; 中島美鈴 星和書店
自尊心を高めるために。ひとりでできるワークブック

私の一押しの本です。

ワークブック式になっているので、読みながら、

書きながら、認知行動療法を知らない方も実践出来ます。

自分のこころのクセ(信念)を知り、

考え方や行動の偏りを修正することが出来ます。

<例>

 

なぜ、嫉妬と劣等感で苦しめられたのか、

心の病気になった経緯について、
少し、詳しく話したいと思います。

うつ病発症の経緯

幹部登用試験が思うようにはかどらなく、

眠れなくなったのがきっかけです。

幹部登用試験は、経営課題のプレゼと英語TOEICです。

2011年から幹部登用試験を受けはじめて、

途中で眠れなくなって、2年連続で自分から辞退しました。

3年目は、最後までやりきることを目標に、

約1年間、睡眠薬を飲んで試験を受けました。

この年は、平日は、夜中まで、土日も休みなく、

仕事と試験勉強を行っていました。

また、仕事では、新エンジンの技術リーダという

新しいポストについていたので、技術課題、

人間関係の複雑さがあり、問題が山積みでした。

プレゼの資料については、仕事が終わって、

会社に残って作業を行っていました。

また、休みの日は、土日とも、喫茶店に行って

作業が進まなくても、9:00~18:00まで滞在していました。

英語TOEICの勉強についても、

通勤電車や家でずっとやっていました。

TOEICは、ご存知の方が多いと思いますが、

リーデイングとリスニングがある英語の検定試験です

規定の点数に、わずか10点不足の状態が2度続き、

努力しても到達しないことに心が消耗していきました。

そして、TOEICの試験を受けに、毎月のように、

大阪、広島、山口の会場に通っていました。

結果として、TOEICは規定の点数をクリアーしましたが、

幹部登用試験は開発本部内はパスしましたが、

最終試験の会社全体の面接で不合格でした。

その後、睡眠薬を止めようと、

半錠、1/4錠、1/8錠と減薬しましたが、

ゼロになると全く眠れなくなってしまいます。

眠れなくなると、以前より強い睡眠薬

でないと眠れなくなり、薬の副作用に悩まされました。

その当時は、一生薬を止めれないという

不安と焦りで、頭がいっぱいになりました。

そして、薬漬け状態となり、薬の副作用もあり、

こころも体も壊れていきました。

また、幹部試験に失敗したことで、

将来の仕事に対する絶望感と自信喪失が重なって、

こころの病気に至ったと思います。

 

発症後は、不眠以外に、頭痛、過呼吸、過敏性腸症候群

パニック障害、手足のしびれ等色々な症状が出ました。

そして、焦燥感、無気力、笑えない状態が続きました。

 

病気する前までは、学生時代、サラリーマン時代含めて、

割と順調で、エリート街道を進んでいたと自負しております。

学校の成績も優秀で、学生時代にやっていたサッカーでも、

高専の全国大会で、ベストイレブンに選ばれたことがあります。

病気するまでは、大きな挫折はなく、

凡人ではあるけど、苦しくても努力すれば、

何でも達成出来ると信じていました。

40歳後半に、大きな落とし穴に落ちて、

二度と這いあげれない、その挫折感で頭がいっぱいでした。

嫉妬と劣等感の克服

嫉妬や劣等感で、対人恐怖症になっていたのだと思います。

認知行動療法を実践、心理学の本を読み、

講演なども積極的に参加しました。

結局、「嫉妬の相手は自分の理想像」

自分が理想とする相手を尊敬し、肯定すべきものである。

嫉妬を始めた瞬間から、遠ざかってしまいます。

また、嫉妬心の元には劣等感がある。

劣等感を克服しなければ、嫉妬心は消えない。

大切なことは、「他人に勝つか負けるか」ではなく、

「今の自分を乗り越えられるか」である。

自分自身の目標を定め、そこに向かって、

一歩一歩、コツコツと努力して近づいていく。

そこに、人生の意味があり、成長することを

実感することで、楽しさが得られることを知りました。

相手を肯定し、「素晴らしい」と祝福することで、

自分も理想に近づいていけます。

毎日コツコツ努力を続けていると、

自分の成長が楽しくなり、自信がついてきます。

そこで、会社の組合がやっているやる気応援プロジェクトに出会い、

毎日コツコツ努力を続け、自信がつき、嫉妬で苦しまなくなりました。

今までは、みんなから好かれないといけないと思っていましたが、

みんなに好かれなくても、みんなを好きになれる。

元々、人のことが好きだった私は、

人との交流を楽しめるようになりました。

嫉妬に使うエネルギーを、

自分を高める力に向けるようにしました。

そして、今は、嫉妬と劣等感を克服することが出来ました。

Soul Bridge 生き方コンサルティングの案内

生き方や考え方に悩んでいて、

今の状態から抜け出したい方がおられたらご連絡ください。

私とお話しをしませんか?

 

Soul Bridge 生き方コンサルティング

ご連絡お待ちしています。

最後まで、読んで頂きありがとうございます。

Soul Bridge 活動内容

具体的な活動内容

不明点、要望等あれば、ご連絡ください。

お問い合わせフォーム;https://soul-bridge.com/contact/

Facebook;https://www.facebook.com/profile.php?id=100024475878980

・Mail; qyghh861317@gmail.com 

 メッセンジャーやメールでも大丈夫です。

 お気軽にご連絡ください。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Soul Bridge 井上 康




自分と目の前の人を笑顔にしたい!

自動車会社のエンジンの設計の仕事を行っています。

仕事のイベントが重なり、ストレスと自信喪失からこころの病気にかかってしまいました。

私の特徴は、約30年のエンジンの設計開発で培った高い問題解決能力、分析力を持っていること。 心の病気を経験し、心理学を学んだことです。


最近の記事

PAGE TOP