BLOG

あなたの心には、天使と悪魔が共存していませんか? うつ病克服の経緯

あなたの心には、天使と悪魔が共存していませんか?

夢を持ちつづけ、自分を好きになるお手伝い
ドリームライフ・コンシェルジュ
「やっしゃん」です。

毎日ブログ59日目です。

スタジオジブリの名プロデューサーの鈴木さんは、

毎日楽しみを見つけるため、車で寄り道をされるそうです。

仕事も楽しみを見つけ、仕事を祭りにするそうです。

今の楽しみは、定年になったら、再雇用で働いて、

時間短縮勤務にして、帰りに車で寄り道することです。

少し長くなりますが、うつ病を克服できた経緯を書いています。

ところで、あなたの心には、天使と悪魔が共存していませんか?

天使と悪魔

最近、奥さんに、二重人格やなぁと言われます。

ブログ読んでると、めちゃ良い人みたいやん。

ブログの中では、「家族第一や」と言ってるのに...

と言われますが、正直な気持ちを書いていますが、

私の中で、天使と悪魔が共存しているのかもしれません。

こころの病気をしていた時、正直、

会社や職場を恨んでいました。

私の能力不足や考え方が狭かったのが原因です。

しかし、仕事が多忙の中、

仕事を完璧にこなさなければならない。

根本の原因は、その生真面目さゆえに、自分のこころを

追い詰めてしまったのが原因なのにと思っていました。

病気する前は、会社に貢献しなければならない、

家庭や自分より仕事を優先させていたように思います。

こころの病気なので、声を掛けないのが優しさだと

思われたのかもしれませんが、

休職していた1年間、職場からの連絡は事務連絡のみでした。

そして、会社から送られたものは、A4の紙で、

いつまでに復職できないと解雇になる」という解雇勧告通知でした。

働いていないので当たり前なのでしょうが、

会社や職場は冷たいものやなぁーと思いました。

会社、職場に見放されたと思って、自暴自棄になりました。

そして、復職した当初は、会社、職場に対して、

嫉妬や劣等感、不平不満で、常にイライラしていました。

しかし、本の中で、そんな気持ちをポジティブに変えるには、

リベンジと思って、良い意味で利用出来るものは利用して、

自分が成長することだと書かれていました。

「The best revenge is to live a good life.」
最高のリベンジは、幸せな人生を生きることである。

私の好きな言葉です。

会社の組合が行っているやる気応援プロジェクトに行きだしたのは、

交流、健康、自分磨きのためと言っています。

そのような気持ちが大きいですが、

最初のきっかけは、会社のシステムを利用してやろう。

自分が成長して、誰よりも幸せな人生を送って、

見返してやろうという思いでした。

全ての出来事には意味がある。

休職中は、ぼっとしていて、テレビも見れませんでした。

しかし、回復時期には、映画やドラマをよく見ていました。

 

その映画は、「ショーシャンクの空に」で、

多い日は1日3回など、何回も見ていました。

主人公銀行の副頭取アンディが無実の罪で終身刑となります。

しかし、どんな仕打ちを受けても、希望を捨てずに、

最後は脱獄して幸せになるという映画です。

この映画を見ることで、

今の牢獄のような地獄の生活から、

いつか抜け出せるのではという希望が湧いてきました。

そして、もう一つは、長編の韓国ドラマで、

おばかちゃん注意報~ありったけの愛」です。

家族の絆は何なのかを教えられるドラマです。

主人公ジュンスは、父が再婚した相手の連れ子2人と

その後に生まれた妹の4人兄弟の家長になります。

両親の死後、必死で生活を支える

無償の愛を実践していくドラマです。

主人公ジュンスは、私が理想とする人で、

純粋無垢な心を持っていると思います。

実は、BSテレビで放映されていて、

最初、1話づつ、録画して見ていました。

話しが進むにつれて、心の病気も、少しずつ、

快復してきて、次の展開が気になります。

思わず、自転車で、半額の日を狙って、

まとめてビデオを借りに行っていました。

最初は、会社を休んでいる後ろめたさから、

家の中に、借りたビデオを隠していました。

そのビデオを奥さんに見つかり、

嫌味をいわれるかなぁと思っていましたが、

めちゃくちゃ喜んでいました。

病院の私の主治医に、笑顔で報告していました。

主治医の先生も喜んでおられました。

その時に、笑えない私を見て、

一番辛かったのは、奥さんだったことを知りました。

「私の病気は自分が治す」と宣言し、

いつも私を近くで見守ってくれました。

病気する前は、奥さんを名前で呼んだことが無く、

誕生日プレゼントも渡したことがありませんでした。

病気する前の私は、傲慢な奴だったと思います。

「Everything happens for a reason.」
全ての出来事には意味がある。

マリリンモンローの言葉です。

私のこころの病気も意味があったのだと思います。

ラジオDeありがとう

ラジオパーソナリティー養成学校ゆめのたね大学で、

収録した「ラジオDeありがとう」です。

家族の支えがあったからこそ、自分を見つめ直し、

心理学を学んで、回復することが出来ました。

働けない1年間は、経済的、精神的にも

奥さんが一番辛かったと思いますが、

いつも二人の娘達が支えてくれました。

病気して、家族に恵まれていることに気づくことが出来ました。

中学の同級生の奥さんへ、

結婚してくれて、ありがとう!!! いつまでも一緒にいようね。

二人の娘へ、

お父さんの娘に生まれてきてくれて、ほんとうにありがとう!!!

あなたも、「ラジオDEありがとう」で感謝の言葉を残しませんか?

ラジオ講座

そして、生き方や考え方に悩んでいて、

今の状態から抜け出したい方がおられたらご連絡ください。

私とお話しをしませんか?

 

 

Soul Bridge 生き方コンサルティング

ご連絡お待ちしています。

最後まで、読んで頂きありがとうございます。

Soul Bridge 活動内容

具体的な活動内容

不明点、要望等あれば、ご連絡ください。

お問い合わせフォーム;https://soul-bridge.com/contact/

Facebook;https://www.facebook.com/profile.php?id=100024475878980

・Mail; qyghh861317@gmail.com 

 メッセンジャーやメールでも大丈夫です。

 お気軽にご連絡ください。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Soul Bridge 井上 康




自分と目の前の人を笑顔にしたい!

自動車会社のエンジンの設計の仕事を行っています。

仕事のイベントが重なり、ストレスと自信喪失からこころの病気にかかってしまいました。

私の特徴は、約30年のエンジンの設計開発で培った高い問題解決能力、分析力を持っていること。 心の病気を経験し、心理学を学んだことです。


最近の記事

PAGE TOP