BLOG

キーワード・リサーチ パート1 ; Module 1 Lesson 2

キーワード・リサーチ パート1 ; Module 1 Lesson 2

今やオンラインの時代、
Web集客でビジネスを加速させるウェーブ・レーサ
やっしゃん」です。

「経営者や個人事業主がWeb集客を仕組化して、

理想のライフスタイルを実現する!」をテーマに、

Webマーケティングのコンサルタントをしています。

 

いつもブログをご覧くださり、本当にありがとうございます。

キーワード・リサーチ パート1 ; Module 1 Lesson 2

毎日ブログ320日目です。

 

皆さんこんにちは、Soul Bridge代表の井上康です。今日も「STEP-BY-STEP SEO」にようこそ。
今日はとてもエキサイティングなことに、キーワードリサーチの旅が始まります。
これは、SEOの最も基本的なステップの一つです。
7週間にわたり、広告費を1円もかけずにウェブサイトにアクセスを殺到させる方法をお伝えしています。

その理由は、キーワードがすべての始まりだからです。人々があなたを見つける方法なのです。
正しい方法で行えば、トラフィックを獲得できるだけでなく、売上にもつながるでしょう。

しかし、間違ったやり方をすると、トラフィックは得られても、
売上は得られないということになるので、そのような失敗をしないようにしたいのです。
言い換えれば、リードや売上につながるトラフィックが必要であり、それを教えてくれるのがこの教材です。

ご存知のように、STEP-BY-STEP SEOは7週間のコースですが、
今は第1週目ですので、キーワード検索に入りましょう。キーワードとは、ユーザーが検索窓に打つ言葉です。

あなたは正しいトラフィックを得ていますか?

私の好きな言葉のひとつに、GoogleのCEOの言葉があります。

Googleにキーワードを入力すると、何十億ものページのコピーがインデックスに保存されます。
キーワードを受け取ってページと照合し、200以上のシグナルに基づいてランク付けを行います。
関連性、人気、他の人がどのように使っているかといったことです。

Googleはいろいろなことを見ているので、
キーワード研究をするときには、200の要素を気にしないでください。
多くのSEO担当者がそれについて話しているのは知っています。
できるだけシンプルに分解して、アルゴリズムの変更や要因をひとつひとつ気にする必要はありません。
複雑すぎて圧倒されてしまうからです。

先ほども言ったように、正しいキーワードを選ぶとお金が増え、間違ったキーワードを選ぶと損をします。
トラフィックがすべてではなく、キーワード選びが重要です。

さて、キーワード検索をするとき、多くの人はまずGoogle Keyword Plannerを使います。
これはGoogleの無料ツールです。

キーワードを入力すると、そのキーワードがどれくらいのトラフィックをもたらすか、
あるいはどれくらいのコストがかかるかをGoogleが大まかに教えてくれますが、
このアプローチには何か問題があります。

これの悪いところは、「このキーワードはトラフィックがある」
「このキーワードはトラフィックがない」ということを教えてくれることです。
しかし、最も重要なことは、そのトラフィックがあなたのオーディエンスが探しているものなのか、
そのトラフィックがリードや収益を生み出すものなのか、ということを必ずしも教えてくれないので、
詳細なキーワード研究する場合は、Google Keyword Plannerは、適切ではありません。

キーワード検索ツールでは、Ubersuggestが有効です。
会員登録なしで、アクセスするだけで検索できるので、大量のキーワードのアイデアを得ることができます。
そして、同時に、最も成約率が高く、収益につながりそうなものもあります。
その中には大量のレポートがあり、このコースの期間中にその使い方を紹介します。

Ubersuggestにアクセスすると、キーワード概要というリンクが表示されます。

左側のナビゲーションに、キーワードを入力して、シェービングやカミソリなど、
あなたの生活スペースに関連するものを入力すると、人気のあるもの、
クリック単価、SEOの難易度、SDの略語、PDは有料の難易度などを教えてくれます。

SEOの難易度が40以下だと上位表示されやすく、40以上になると上位表示されにくくなります。

一般的に、キーワードのクリック単価が高いということは、そのキーワードが売上につながっているため、
人々が多くのお金を費やしていることを意味します。
売上につながらないのに、そのキーワードを有料広告で多額の費用をかけて入札する企業は非常に稀です。

また、キーワードアイデアレポートの右側には、そのキーワードでランキングされているすべての人が表示されます。
そのキーワードからのアクセス数はどのくらいなのか? バックリンクはどれくらいあるのか?
総合的なサイトオーソリティは、ドメインスコアと呼ばれるもので、0から100までの指標で表されます。

GoogleやAmazonのように数字が大きいほど、90プラス100のように、
それらのサイトがすべてを支配してランキングする傾向がありますよね。
ドメインスコアが40や50以下の場合、そのキーワードで多くのサイトがランキングされていることを意味しますが、
そのサイトはそれほどオーソリティを持っておらず、ランキングされやすいキーワードです。

これは、そのキーワードが良いかどうかのヒントになりますね。
また、右側には誰がランキングしているかを見ることができます。
大手ブランドがこのようなキーワードを狙っていることがわかりますが、多くの場合、
あなたが知っているような小さな競合他社でもうまくいっています。
それがあなたが注目すべきキーワードであることを教えてくれます。

UbersuggestといったSEOツールを使いたくない場合は、他にも様々な方法で、
キーワードを研究することができます。
多ければ多いほどいいので、すべてを組み合わせて使うことをお勧めします。

ウィキペディアを使うのもお勧めです。

ウィキペディアのページでは、例えばアメリカを調べると、
カナダやメキシコのように国境を接している他の国のことが書かれていますし、
自由の女神や星条旗のことも書かれています。

ウィキペディアやその他のウェブ上のコンテンツページのように、本当に詳細な内容を持つものは、
これらの記事が有利なキーワードで満たされているので、キーワードのアイデアも得られます。
そのため、ウェブ上のコンテンツ、特に競合サイトのコンテンツを読む際には、必ず確認してください。
頻繁に言及されている言葉に注目してください。

最初は気づかないかもしれませんが、「競合がキーワードを使っている」という思いが頭の中にあると、
何度も何度も言及している言葉に気づくようになります。

キーワードの概念は、三銃士によく似ています。
彼らには「皆は一人のために、一人は皆のために」というスローガンがあります。

私たちはこれを「三銃士の意図」と呼んでいますが、
「あるキーワードでGoogleの上位にランクインしたい」というあなたの意図は、
「問題を解決するためにキーワードを探している」という顧客の意図と似ている必要があります。

ランクインしたいのは、トラフィックが欲しいだけでなく、お客様の問題を解決できなければならないからです。
顧客の問題を解決できれば、ランキングに載る可能性が高くなります。

それに加えて、インフルエンサーの意図も考えなければなりません。
なぜ人々はあなたの記事をソーシャル・ウェブでシェアしたり、リンクしたりしたいと思うのでしょうか?
なぜなら、ずっと多くの人にリンクしてもらえれば、順位が高くなることを意味します。

つまり、キーワードを調査してコンテンツを作成する際には、
その意図がこれら3つのグループのそれぞれに合致していることを確認する必要があります。
ワークシートやPDFを用意していますので、そのすべてを分解して、ステップごとにやり方をお伝えしています。

キーワードを狙う場合、すべてはあなたの目標を理解することから始まります。

売り上げを伸ばしたいからキーワードで上位表示したいのか?
それとも製品やサービスがより多くのリードを生み出すようにしたいのか?
それとも、セールスファネルの様々なセクションに、より多くのトラフィックを得たいのか?
認知度を高めたいのか?
ナイキやアディダスのように誰もが知っているブランドにしたいのか?
それともオーガニックなトラフィックが欲しいのか?
リマーケティングを行い、広告を使ってサイトに戻ってきてもらいたいのか?

などキーワード目標を理解する必要があります。

旅とは、実際にはこのようなものです。すべての人がすべてのステップを踏むわけではありませんが、
要するに誰かがそこにいて、ウェブサイトに行ったり、テレビコマーシャルを見たり、
あなたのサイトに戻ったり、広告をクリックしたりするかもしれませんが、一般的には、
あなたのメールを開いたり、ニュースを読んだり、あなたの会社のことを聞いたりして、旅をしているのだと思います。

最終的には、みんな同じ位置からスタートして、同じ位置で終わるわけですよね。

彼らは皆、問題を抱えたり、何かを探したりすることから始まり、最終的には解決策を見つけ、
製品を購入したり、より多くの情報を得るためにリードとなったりするなど、
取引きを行う傾向があり、同じ場所にたどり着きます。

しかし、その際に忘れてはならないのは、お客様は人間だということです。
ロボットでも機械でもない、本物の人間なのです。
例えば、ヒゲ製品を販売する場合、ヒゲを剃っていない人をターゲットにするでしょうか?
もちろんそうではありません。
もしあなたがお客様を理解していないのであれば、多くの時間を無駄にすることになるでしょう。

それに加えて、権威についても考える必要がありますよね。
あなたや検索している人だけの問題ではなく、権威の問題でもあるのです。
なぜなら、権威は、より多くのソーシャルシェアやバックリンクにつながるからです。

しかし、権威を獲得し、適切なインフルエンサーを狙わなければ、
リンクを得ることができず、ランキングに入るのが難しくなります。

キーワードの成功には、実に5つのステップがあります。
1つ目は、キーワードリストを作成することです。
そのためには、まずターゲットとなる消費者を調査し、次にキーワードの測定基準を理解する必要があります。

次に、カスタマージャーニーに合わせる必要があり、
そして、もちろん、最後にキーワードリストを絞り込む必要があります。
カスタマージャーニーとは、「お客様の旅」を意味し、お客様が商品やサービスを知り、実際に購入に至り、
購入後はどうだったかという一連の流れを旅(ジャーニー)に見立てたものです。

キーワードリスト作成で、私が、よく使っている方法は、ニールパテルのSEOツールのUbersuggestです。
会員登録なしで、アクセスするだけで分析できるので、非常に便利なツールです。

Ubersuggestにアクセスして、「キーワードリスト」クリックして、
候補のキーワードを追加して、あなたのキーワードリストを作成してください。

2つ目は、ターゲットとなる銃士をリサーチすることです。
その個人をリサーチすることです。

例えば、ダラーシェイブクラブを例に挙げてみましょう。
彼らはシェービング製品を提供する会社で、
その使命は、男性が最高の自分でいられるように、心と体のケアを手助けすることですよね?

カリフォルニア州ベニスを拠点とする彼らのモデルは、カミソリやその他の製品はとても高価なので、
それを月ごとに人々に送ることで、とてもシンプルで手頃な価格にしようというものでした。
ダラーシェイブの例を念頭に置きながら、顧客を本当に理解するためにはいくつかの方法があります。

フォーラムのような場所に行けば、あらゆるものにフォーラムがあります。
キーワードとフォーラムという言葉を組み合わせてグーグルで検索してみてください。
また、掲示板やボード、グループと呼ぶ人もいます。
人々がどんな問題に直面しているかを知ることができる素晴らしい場所です。

そして、彼らがどのようなソリューションを求めているのか?
人を理解することは、その人を理解することで、
サイトにアクセスしてくれたお客様を顧客に導くことができるからです。

ウィキペディアも、調べたいことに応じて利用するとよいでしょう。
剃刀のように、宗教や神話、歴史の中での剃刀のように、さまざまなセクションがあります。
ウィキペディアの記事の書き方は、単なるウィキペディアの記事ではなく、コミュニティなのです。

みんなが記事を調整して、そのテーマについて情報を探している人や、
問題を解決したい人のために、最高の記事になるように調整しているのです。

米国最大の掲示板サイト「Reddit(レディット)」
–日本では「2ちゃんねる」が人気のためか存在感が薄いようですが、
世界的には1億7200万人が利用しているRedditもすごいです。

アップロードされたものを見ることができます。
アップロードされているものは人気がある傾向にあり、
より多くの人が興味を持っているものについてのアイデアを得ることができます。
これはあなたにとって素晴らしいことです。

キーワード検索で、私が、よく使っている方法は、ニールパテルのSEOツールのUbersuggestです。
会員登録なしで、アクセスするだけで検索できるので、非常に便利なツールです。

Ubersuggestにアクセスして、任意のキーワードを入力し、
「キーワード・アイデア・レポート」にアクセスすると、候補のリストが表示されます。

これにより、一般的に最も多くのキーワードのアイデアを得ることができ、人気度や他の関連語でソートされ、
人々がどれだけ支払っているかを示すCPCデータが表示され、
さらに、どれだけ高いかを示す有料難易度のようなものもわかります。

そしてSD、これはSEO難易度の略です。どれくらい順位が上がりにくいかを、
0から1、または1から100までの数字で表しています。
数字が大きいほど順位が上がりにくく、数字が小さいほど順位が上がりやすいということです。

ブログを書く場合は、複合キーワードで記事を書くことで、
SEO難易度が下がり、上位表示されることが可能となります

また、AmazonやGoogle 、楽天のようなサイトを通じた提案も利用できます。
これらの情報はUbersuggestにも自動的に取り込まれているので、
Ubersuggestを使っている方は何もする必要がありません。

また、質問を見ることもできます。
質問とは、このテーマについて人々がどのような質問をしているかということです。
例えば、飛行機に髭剃りを持ち込むことはできますか?
これは、誰かが検索しているであろう質問に対して、あなたが答えられる例です。

私が愛用しているもう1つのツールは、少なくとも3日に1回は使っているGoogle Trendsです。
キーワードを入力すると、トレンドを教えてくれます。
これは、市場がどこに向かっているのかを知りたいときに最適です。

マーケティング担当者やSEO担当者として、ただ反応するだけではなく、
将来的に人々がより興味を持つであろう分野を積極的に追求したいものです。

そして、Google Trendsはそれを示してくれますよね。
何がトレンドになっているのか、何が人気になっているのかを時系列で示してくれます。

また、前置詞によって意図を相関させることもできます。
Ubersuggestのキーワード・アイデア・レポートには「前置詞」タブがありますが、
これは「カミソリ負けしないシェービング」のようなものです。

これは、ロングテールキーワードと言われ、3〜4の単語数で構成されるキーワードです。
これらはすべて長期的なチャンスであり、ランクインを目指すことが出来ます。
なぜなら、これらのロングテールキーワードは、多くの人が考えていないからです。

競合の少ないキーワードを見つけることで、効果的にアクセスを集めることが可能で、
半年後、1年後には、それが積み重なって、かなりの成約につながっていきます。

また、最も人気のある質問と回答のサイトの一つであるQuora(クオーラ)もあります。
色んな人がQ&A形式で書き込みを行います。

Yahooの知恵袋というより、
人の知識や経験をQ&A形式にして、まとめていくサイトがQuoraです。
何が人気なのか、何に大量の回答があるのかを知ることができます。
人々はおそらくそのテーマに興味があり、答えを探しているのでしょう。

私はAmazonのレビューも好きです。
人々が何を考え、何を好きなのかを知ることができます。
彼らが嫌いなものは何か、適切なキーワードを見つけるために、
私が本当にカバーしなければならないものは何か?

私の理想的なオーディエンスにアピールするようなコンテンツは何かが分かります。

それから、もちろんソーシャルシェアもあります。
Ubersuggestでは、左側のナビゲーションにキーワードを入力すると、
「コンテンツ候補」というナビゲーションボタンが表示されます。

このボタンをクリックすると、そのテーマについてウェブ上で人気のあるブログ記事がすべて表示され、
ソーシャルシェア別に分類されるので、最もソーシャルシェアの多いものを見ることができます。
そして、誰がリンクしているかというバックリンクと、推定訪問数を調べます。
推定訪問数とは、この記事がGoogleから何人の訪問者を得ているかということです。

私はこれを見るのが好きです。
なぜなら、コンテンツにどのような牽引力があるかを教えてくれるからです。
このキーワードは他のキーワードよりも優れているとか、
このキーワードはソーシャルウェブではシェアが多くてすごくいいんだけど、
Google検索では他のキーワードの方がいいとかが分かります。

そして、結果ですよね?
他にも、その言葉でグーグル検索をして、トップ10に入っている結果を見てみると、
「ああ、これは人々が読みたがっている記事だな」ということがわかります。

なぜなら、Googleは、どんなキーワードを入れたか、どんなリンクがそのサイトを指しているかだけで、
サイトを上位にランク付けしているわけではないからです。
GoogleのCEOが言ったように、彼らは人気や経験といったものを見ています。

多くの人がある記事を読んで10分滞在した場合と、
競合他社の記事を読んで2秒滞在しただけで立ち去ってしまった場合、何が起こると思いますか?
皆が何分も滞在している方がいいですよね。
しかし、2秒以内に人が離れてしまうようなものは、上位に表示されます。

これは、Googleに、「おい、これがどれだけのリンクを持っているか、
そのコンテンツが何であるかは重要ではない」と伝えることになります。
この結果は人々に好まれていないので、それほど高い順位にすべきではありません。

さて、理想の顧客やウェブサイトを訪れている人々のデータを集め始め、
彼らのことをもっと知ることができるようになったところで、

すでにどのようなキーワードでランキングされているかをチェックしたいと思いませんか?
すでに、あなたは、何かでランキングされているかもしれません。
これは、Google Search Consoleでの私のサイトの検索パフォーマンスです。
SEO対策が不十分なので、色々な改善点があります。

また、新しいウェブサイトで、たとえ10人、20人、50人、100人の訪問者があったとしても、
Google Search Consoleに表示されます。

Google Search Consoleは無料で利用でき、そのデータを表示してくれますので、ぜひ、活用してください。

他にも、次のようなことができます。競合他社や自分のウェブサイトのドメインを、
Ubersuggestに入力してみてください。

これは、菌床しいたけのウェブサイトを作成する時に、参考にした競合の会社のデータです。
そして、トラフィック概要を開き、

「キーワード流入」をクリックすると、そのウェブサイトがランクインしている
すべてのキーワードを分析したレポートが表示されます。

これは本当に便利で、「これは良いキーワードだ!」
「このキーワードで得られているトラフィッ流入量は?」
「このキーワードの順位は?」「このキーワードの検索ボリュームは?」などを教えてくれます。

そうすることで、より多くのアイデアを得ることができます。
他にも、Ubersuggestでプロジェクトを立ち上げて、
自分のウェブサイトを入れたり、競合他社のウェブサイトを入れたりするのもいいですね。

私は通常、自分のウェブサイトを入れることをお勧めします。
月間のオーガニックトラフィックの推定値、月間のバックリンク数が増加しているか減少しているか?
また、参照元のドメイン名などが表示されます。

ここで、soul-bridge.com/trainingに戻って、
顧客とインフルエンサーのペルソナをダウンロードしてください。

三銃士のプロフィールをどうやって分解したか覚えていますか?
“皆は一人のために、一人は皆のために”という言葉があります。
それは人にも言えることです。

ロボットやサーバー、アルゴリズムを喜ばせようとするだけでなく、人々を喜ばせようとするのです。
なぜなら、それが訪問者を顧客に変える方法だからです。
このワークシートをダウンロードして、それを実行してみてください。

このワークシートは、
正しい方法でキーワード調査を行うためのもので、ステップごとに説明しています。

15分もかからないと思いますので、それが終わったら次のレッスンの準備をしましょう。
今週のレッスンに参加していただきありがとうございました。必ず目を通してくださいね。
何かご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

あなたが成功するためのお手伝いをさせていただきます。

Webマーケティングスクール

知識実績ゼロから、収益が得られるWebマーケティング講座
~3ヶ月で 15万円/月稼ぐことができる講師になる~

この度、Webマーケティングスクールを開講しました。

このスクールでは、
Webマーケティングで「稼ぐこと」にフォーカスしたスクールで、
一流のWebマーケティングエンジニアを目指していきます。

このスクールでは、
■WordPressで自分で作るホームページ講座
■Webデザイン講座
■Webマーケティングの講座

などのサービスを受けることができます。

是非そちらに学びに来てください。

 

 

お客様寿さん(加藤寿幸さん)の声を視聴ください

お客様の声(加藤寿幸さん)

 

スクール開催にあたって、色々な特典があります。

1.WordPressで自分で作るホームページ講座 Ⅰ~Ⅹ
2.Webデザインルールの4原則
3.かっこいいプレゼ資料の作り方
4.かっこいい画像の作り方( Canva vs. Adobe illustrator )
5.カメラ講座(写真の撮り方)
6.写真の加工・編集方法( Luminar vs. Adobe Photoshop )
7.動画の作り方( Capcut vs. Adobe Premiere Pro )
8.Webサイト構成の作り方
9.WordPress LPサイト制作
10.SEO対策
11. セールスファネル構築法
  
総合価値;30万円
(全て動画で視聴できます)

今日、無料でWebマーケティングスクール(月額3,300円税込)

の14日間お試しを始めていただければ無料になります。

Webマーケティングスクール

 

あなたも、Webマーケティングスクールに参加しませんか?

このスクールの特典、及び概要は以下。

メールアドレスを記入して、無料で特典を入手ください。

WordPressで自分で作るホームページ習得法

Webマーケティングセミナーの案内

毎週火曜日、7:00から、

「Webデザイン講座」を行っています。

 

毎週木曜日、7:10から、

「セールス・ファネル構築術」精読会を行っています。

「Dot Com Secrets」著ラッセル・ブランソンの英語原書を

Google翻訳しながら、発音と英訳をしています。

 

 

よかったら、参加くださいね。

 


最後まで、読んで頂き、ありがとうございました。

 

毎日ブログを公式ラインから、

不定期で朝7時に配信しています。

よかったら、友達追加ください。

友だち追加

 

Keep on smiling !  Bye-by!

 

ホームページ制作サポート

ホームページ制作サポート&制作講座は、

随時行っていますので、申し込みください。

ホームページ制作サポート

ホームページ制作サポートは、こちら

ホームページ制作講座は、こちら

Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

 

Talent FocusⓇ詳細解説セミナーは、

オンラインでも実施できるようになりました。

 

Talent FocusⓇ詳細解説セミナーの申し込み、こちら。

    Soul Bridge 公式LINE 登録のお願い

    ぜひ、LINE登録をお願いします。

    友達追加ボタンをクリックして、
    友達追加して頂いたら、登録完了です。

    友だち追加

    今後このSoul Bridge公式アカウントでは、
    ・夢を持ちつづけ、自分を好きになる考え方
    ・デジタルマーケティング関連で役立つお話
    ・その他、お役に立てそうな情報

    を中心にお届けしていきます。

     

    不明点、要望等あれば、ご連絡ください。

    お問い合わせフォーム;https://soul-bridge.com/contact/

    Facebook;https://www.facebook.com/profile.php?id=100024475878980

    ・Mail; qyghh861317@gmail.com 

    メッセンジャーやメールでも大丈夫です。
     お気軽にご連絡ください。

    関連記事

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    Soul Bridge 井上 康




    「Web集客を仕組化して、理想のライフスタイルを実現する!」をテーマに、WebマーケティングのコンサルタントをしていますSoul Bridge代表の井上康です。

    起業されている個人事業主はもちろんのこと、 定年を迎えるサラリーマンや何かを始めたいママさんが、パソコン1台で、好きな時間に、好きな場所で働いて、収入を得る方法について、有益な情報をお届けしていきます。


    最近の記事

    1. publication 2nd book
    2. SEO edit for contents
    PAGE TOP